遺産分割協議が絶対に必要になる理由

相続が開始したら、遺言書がない限り「遺産分割協議」が必要となります。

遺産分割協議をしないと、不動産の名義変更や預貯金の払い戻しなどをすることができないので、相続財産が放置されてしまうからです。

以下では、遺産分割協議の重要性について、相続問題に詳しい司法書士が解説いたします。

 

1.遺産分割協議とは

遺産分割協議とは、法定相続人が全員参加して、相続財産の分配方法を決める手続きです。

民法は、法定相続人と法定相続分を決めていますが、具体的な遺産の取得方法までは定めていません。

そこで、誰が土地や建物などの不動産を取得するのかや、誰がどの預金口座を相続するのかなどは、相続人たちが話し合って決めなければならないのです。

遺産分割協議には、決まった方法はありません。実際に面談をして話合いをしてもかまいませんし、メールや電話などで連絡を取り合って協議を進めることも可能です。

法定相続人が全員合意をして、遺産分割協議が成立したら、「遺産分割協議書」を作成します。遺産分割協議書とは、遺産分割で決めた内容を書面化して、法定相続人全員が署名押印した書類です。

遺産分割協議は、各種の相続手続きをするために不可欠の重要な書類です。

 

2.遺産分割協議書が必要な理由

遺産分割協議書は、土地や建物などの不動産の名義変更や、預貯金の払い戻し、株式の名義書換などの諸手続に必要です。

遺産分割協議書を作成しないと、不動産の名義は被相続人のままになってしまいますし、預金口座も放置されてしまいます。

たとえば不動産の名義変更を放置した場合、他の相続人の債権者から当該相続人の相続分につき差押えを受ける可能性もありますし、他の相続人が勝手に共有名義にしてしまう可能性もあります。また、重ねて相続が発生した場合、遠縁のご親族との遺産分割協議が必要となるため、合意形成が困難となることも懸念されます。

そこで、相続が起こったら、必ず遺産分割協議を行って、遺産分割協議書を作成する必要があるのです。

自分たちで遺産分割協議書の作成方法がわからない場合には、司法書士が代わりに作成することができます。ながはま合同法務事務所にお任せいただけましたら、不動産の相続登記、預貯金の払い戻し等も一緒に行えるので、相続人様のお手間が大きく減ります。スムーズに遺産相続を進めたいときには、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ