代襲相続について

誰が法定相続人になるのかを判断するとき代襲相続について知っておく必要があります。

代襲相続が起こると、次順位の法定相続人には相続権が移らないので、注意が必要です。

以下では、法定相続人の確定の際に重要な「代襲相続」について、相続問題に詳しい司法書士が解説します。

 

1.代襲相続とは

代襲相続とは、相続人が被相続人より先に死亡している場合において、相続人の子どもが相続人の代わりに相続することです。

たとえば、子どもは第1順位の相続人ですから、親の相続人になりますが、子どもが親より先に死亡しているケースもあります。そういったケースで親が死亡すると、子どもの子どもである孫が代襲相続によって、親(孫にとっては祖父母)の相続人となります。この場合、次順位の相続人である相続人の親に、相続権は発生しません。

代襲相続が起こるのは、子どもと兄弟姉妹が相続人になるケースです。兄弟姉妹が被相続人より先に死亡している場合には、兄弟姉妹の子どもである甥姪が、代襲相続によって相続人となります。

 

2.再代襲相続とは

代襲相続に関連するものとして、「再代襲相続」があります。再代襲相続とは、代襲相続人も被相続人より先に死亡している場合に、代襲相続人の子どもが相続人になることです。

たとえば、子どもも孫も親より先に死亡している場合において、ひ孫が再代襲相続人となることが認められます。

再代襲相続が起こるのは、孫やひ孫などの「直系卑属」が相続人になるケースのみです。

兄弟姉妹の系列である「傍系」の卑属には、再代襲相続は起こりません。つまり、兄弟姉妹と甥姪が被相続人より先に死亡しているときには、甥姪の子どもには再代襲相続権がないので、相続人になることが認められないのです。

 

3.相続人の確定でお悩みの場合、是非ともご相談下さい

ながはま合同法務事務所は、遺言・遺産相続業務に非常に力を入れております。代襲相続人や相続人の確定に際し、ご不明な点がありましたら、適切なアドバイスをいたしますし、相続人調査も実施しております。ご相談は無料で承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ