預貯金の払戻請求をしたい方へ

相続人になったとき、遺産の中に預貯金が含まれていることは非常に多いです。

預貯金の引き出しをするためには、どのような書類が必要で、どのように手続を進めたら良いのでしょうか?

以下では、相続した銀行預貯金の払戻し請求方法について、ご説明します。

 

1.遺言書の確認と、遺産分割協議

預貯金の払い戻しをするためには、遺言書または遺産分割協議書が必要です。

金融機関によっては、相続人全員の実印が押印された相続預金払戻請求書にて、代表相続人による払戻しに応じていますが、預貯金の分配を安全確実に実現するには、やはり遺産分割協議書を作成するのが望ましいでしょう。

そこで、まずは、遺言書が残されていないか、確認しましょう。

遺言書がなければ、相続人が全員集まって、遺産分割協議を行います。

このとき、本当に資格のある法定相続人が全員参加することが重要です。

無資格な人が参加したり、反対に、法定相続人が1人でも欠けていたりすると、遺産分割協議が無効になってしまうからです。

きちんと全員が参加して遺産分割協議が整ったら、遺産分割協議書を作成しましょう。相続人全員が署名と押印をする必要があります。

 

2.必要書類を揃える

遺産分割協議書ができあがったら、銀行預金を引き出すために必要な書類を揃えます。

必要書類は金融機関によって細かくは異なりますが、だいたい以下のようなものが必要です。

  • 遺産分割協議書
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
    (戸籍謄本類に代えて「法定相続情報一覧図」でもOKです。)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人名義の預金通帳やキャッシュカード
  • 預貯金を相続する人の身分証明書

これらと金融機関ごとの書式の預金払戻請求書を作成して提出すると、預貯金の払い戻しを受けることができます。

 

3.遺産分割協議が間違っていると、引き出しができない!

預貯金の払い戻しを確実に受けるためには、まずは、適式に遺産分割協議を行い、有効な遺産分割協議書を作成することが大切です。

たとえば、未成年者や認知症の方などが相続人になっている場合には、本人が遺産分割協議に参加しても無効になる可能性があります。

また、払い戻し請求をするとき、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類を取得する必要がありますが、こちらもかなり大変な作業となるので、相続人様には負担となります。

遺産分割協議を適切に進めるためには、正確な法律知識が必要です。お困りの際には、ながはま合同法務事務所の司法書士がお力になりますので、お気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ