相続放棄には期限があります

遺産の中に多額の負債がある場合などには、相続放棄を検討しましょう。

ただ、相続放棄には、期限があるので注意が必要です。期限を過ぎると相続放棄ができなくなって、借金を相続するしかなくなってしまいます。

以下では、相続放棄の期限について、遺産相続問題に詳しい司法書士が解説します。

 

1.相続放棄とは

相続放棄とは、法定相続人が一切の遺産を相続しないことです。

相続放棄をすると、資産も相続することができませんが、負債を相続せずに済みます。そこで、被相続人が多額の借金をしている場合などには、相続放棄をすると、借金を支払わなくて良くなるので、非常に有効です。

 

2.相続放棄の熟慮期間とは

ただし、相続放棄には期限があります。

相続放棄の期限のことを「熟慮期間」と言います。熟慮期間を過ぎると、相続放棄はできなくなり、「単純承認」が成立してしまうので、遺産相続するしかなくなります。すると、借金の支払を免れることもできなくなってしまうので、注意が必要です。

熟慮期間は、「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」とされています(民法915条1項)。

 

3.「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」の意味

「自己のために相続があったことを知ってから」とは、どのようなことを意味するのでしょうか?

基本的には、被相続人の死亡や前順位者の相続放棄の事実を知ったことを意味します。

ただし、被相続人に遺産がないと信じていたケースでは、相続放棄することを期待することができません。

そこで、相続人が、被相続人に遺産がまったくないと信じており、そう信じたとしてもやむを得ないと言える場合には、相続放棄の熟慮期間は経過しないと考えられています。

 

4.相続放棄は、お早めにご相談下さい

以上のように、相続放棄をするためには、熟慮期間内に行う必要があります。

また、熟慮期間内であっても、相続財産に手を付けてしまうと、強制的に「単純承認」が成立してしまうので注意が必要です(法定単純承認)。

確実に相続放棄をして借金を免れたいなら、専門家のサポートを受けることが重要です。

借金を相続してしまってお困りの場合には、是非とも一度、ながはま合同法務事務所までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ