いくらもらえるの?〜法定相続分〜

遺産分割を行うときには、法定相続人が法定相続分通りに分けることが基本となります。

法定相続分とは法定相続人に認められる遺産の取得分のことですが、具体的にはどのくらいの割合になるのでしょうか?

以下では、遺産分割協議を行うときに重要な「法定相続分」について、ながはま合同法務事務所の司法書士が解説します。

 

1.法定相続分とは

法定相続分とは、民法がそれぞれの法定相続人に認める相続財産の取得分のことです。

遺産分割協議を行うときには、法定相続分を指標として相続財産を分けることが普通です。

以下で、ケースごとの法定相続分を説明します。

 

2.法定相続分の割合

2-1.配偶者が全部相続する場合

配偶者が全部相続する場合には、配偶者の法定相続割合は100%となります。

 

2-2.配偶者と子どもが相続する場合

配偶者と子どもが相続する場合、配偶者が2分の1、子どもが2分の1となります。

子どもが複数いる場合には、子どもの人数で2分の1を頭割り計算します。

 

2-3.子どもが全部相続する場合

この場合、子どもの法定相続分が100%です。子どもが複数いる場合には、子どもの人数で頭割り計算します。

 

2-4.配偶者と親が相続する場合

配偶者と親が相続する場合、配偶者の法定相続分が3分の2、親の法定相続分が3分の1となります。

 

2-5.親のみが相続する場合

この場合、親の相続割合が100%です。親が2人とも生きていれば、それぞれ2分の1ずつとなります。

 

2-6.配偶者と兄弟姉妹が相続する場合

配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1です。兄弟姉妹が複数いる場合には、兄弟姉妹の数で4分の1を頭割り計算します。

 

2-7.兄弟姉妹のみが相続する場合

兄弟姉妹の相続割合が100%です。兄弟姉妹が複数いる場合には、兄弟姉妹の人数で頭割り計算します。

 

3.具体例

たとえば、遺産が1200万円、配偶者と3人の子どもが相続する場合、配偶者が600万円(2分の1)、子どもがそれぞれ200万円ずつとなります(2分の1×3分の1)。

 

4.遺産分割で迷いが生じたら、是非ともご相談ください

遺産分割協議をするとき、法定相続分通りに相続しないケースもあります。

また、相続割合が決まっていても、具体的に誰がどの遺産を相続すべきか、遺産分割協議によって決める必要があります。

遺産相続の際にご不明な点がある場合、正確な法的知識を持った専門家のアドバイスを受けることが重要です。お困りの際には、是非とも一度、ながはま合同法務事務所にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ