遺産の承継について

多くの方は、「遺産相続」と言われても、遠い将来のことと考えているものです。しかし、月日の経つのは早く、意外とすぐにそのときが来てしまいます。

相続が発生してからでは、万全の対策をとることが難しくなるので、事前に用意しておきましょう。

以下では、スムーズな遺産の承継方法について、遺産相続に詳しい司法書士が解説します。

 

1.遺産承継の流れ

人が死亡して相続が発生すると、その後、どのような流れで財産が承継されていくのでしょうか?

まずは、遺言書の有無を明らかにする必要があります。被相続人の自宅や事務所、金庫の中などを探します。公正証書遺言は、公証役場にて検索することができます。

遺言書がない場合、相続人調査と相続財産調査を行います。

これにより、法定相続人が明らかになったら、相続人が全員集まって遺産分割協議を行います。

遺産分割協議で、全員が遺産の相続方法に合意することができたら、遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書を使うと、不動産の名義書換や預貯金の払い戻しなどの各種の相続手続きができます。

もし、遺産分割協議が整わない場合には、家庭裁判所で遺産分割調停や審判をしなければなりません。

 

2.司法書士に依頼するメリット

遺産をスムーズに次の世代に承継させるには、遺言を残しておくことが役立ちます。有効な遺言があると、相続人らが遺産分割協議をする必要がなくなるからです。

司法書士は、遺言書作成のサポートをいたしますし、遺言執行者となって、各種の相続手続きを行うことも可能です。自分ではどのような遺言をしたら良いかわからない段階でも、ご相談いただくことができます。

遺言がない場合には、相続人調査や遺産分割協議が必要ですが、司法書士に相続人調査を依頼すると、相続人様らの手間が大きく省けて、大変楽に相続手続きができます。

さらに、司法書士であれば、適式な遺産分割協議書を作成するので、確実に遺産を承継することが可能です。

ながはま合同法務事務所は遺産承継業務に非常に力を入れております。スムーズな遺産承継をご希望の方は、是非とも一度、ながはま合同法務事務所にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ