株式等の有価証券・投資信託の払戻し・名義変更方法について

相続が起こったとき、被相続人が株式を所有していたり、投資信託を持っていたりすることがあります。

そのようなときには、株式や投資信託の名義を相続人名義に変更するか、解約払戻しを受ける必要があります。

以下では、株式などの有価証券や投資信託の払戻し・名義変更の方法を解説します。

 

1.基本となるのは、遺産分割協議

株式などの有価証券や投資信託の払い戻しや名義変更を行いたいとき、基本となるのは遺産分割協議です。

遺言書があれば、遺言書の内容に従って、指定された相続人や受遺者が株式や投資信託を取得することができますが、遺言書がなければ、遺産分割協議をしないと、これらの資産を引き継ぐ人が決まらないからです。

そこで、まずは相続人が全員集まって、遺産分割協議を行いましょう。

そして、遺産分割協議を作成します。

 

2.上場株式の場合

相続した資産が上場株式の場合には、証券会社に連絡を入れて、名義変更の手続きを行います。

証券会社に連絡をすると、名義書換用の書類を送ってもらうことができるので、必要書類を揃えて返送しましょう。

きちんと名義書換をしておかないと、株主権の行使をすることも難しくなるので、早めに手続きすることが大切です。

 

3.非上場株式の場合

非上場株式の場合、株式を管理しているのは株式発行会社そのものです。そこで、名義変更の申請も、株式発行会社に対して行う必要があります。

まずは、株式発行会社に連絡を入れて、相続が開始したことを伝えましょう。そして、名義変更に必要な書類を確認して、送付すれば、その会社において、名義書換をしてもらうことができます。

 

4.投資信託の場合

投資信託の場合にも、証券会社を通じて取引をしているでしょうから、上場株式の場合とお同じ方法で名義変更ができます。

継続不要な場合には、解約をして払い戻しを受けることも可能です。

株式などの有価証券や投資信託の払い戻し、名義変更手続きは、ながはま合同法務事務所にお任せいただきましたらスムーズに進めることができます。

相続手続きをする時間がない場合など、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ