家族のための信託について

将来の相続に備える方法として、「民事信託」を利用する方法があります。

家族のために民事信託を利用すると、遺言や生前贈与、成年後見制度などではできないことも、実現することができるので、大きなメリットがあります。

以下では、家族のための民事信託について、解説します。

 

1.民事信託とは

民事信託とは、営利目的を持たない信託の方法です。

信託というのは、委託者が、信託行為によって、受託者に対して財産を移転して、受益者のために財産を管理・処分させることです。

委託者は、受託者に自分の財産の管理処分を任せることにより、受益者が利益を受けられるように設定します。

委託者本人が受益者であってもかまいませんし、委託者と受益者が異なる人でもかまいません。

たとえば、将来相続が予定される場合、父親(委託者)が子ども(受託者)に対し、居住用の不動産を委託して、自分や配偶者(受益者)のために管理させることなどができます。

将来自分が認知症にかかった場合に備えて、早いうちに信頼できる家族に財産を信託してしまうことなども可能です。

 

2.家族のための民事信託のメリット

家族のための民事信託を利用すると、さまざまなメリットがあります。

まずは、成年後見よりも柔軟かつ簡単に、財産管理を任せられることです。成年後見制度を利用する場合、裁判所への申立が必要ですし、定期的に裁判所に報告すべき義務などもあるので、利用を躊躇する方が多いです。家族信託なら、信託契約の締結のみで実行できますし、報告なども不要ですので、利用しやすいです。

次に、二重に相続が起こったときの、遠い将来における財産処分方法を決められることです。遺言では、自分が亡くなったときの財産処分方法を決められるだけであり、遺産を引き継いだ人が、将来その遺産をどう処分すべきかまでは、定めることができません。

家族のための民事信託なら、自分が亡くなったときには、妻のために子どもに財産を管理させ、妻が亡くなったときには、孫に財産の所有権を移転するなどの方法もとることができます。

家族のための信託契約は比較的新しい相続対策方法であり、効果的に活用するためには、専門知識が不可欠です。関心がある方は、是非とも一度、ながはま合同法務事務所にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ