戸籍・除籍の集め方と司法書士に依頼するメリット

相続が開始したら、まずは相続人調査を行う必要があります。相続人調査の際には、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本や除籍謄本を集めなければなりません。

これは、非常に大変な作業となります。

以下では、戸籍謄本や除籍謄本の収集方法や司法書士に依頼するメリットについて、ご説明します。

 

1.相続人調査の重要性

相続が開始したら、必ず相続人調査をしなければなりません。相続財産を分配するには遺産分割協議をする必要がありますが、遺産分割協議には、「法定相続人」が全員参加しなければならないからです。相続人以外の人が遺産分割協議をしても、無効になります。

以上のようなことから、相続人が確定しなければ、遺産を分けることができないのです。

 

2.戸籍調査の困難性

相続人調査を行うには、被相続人の出生から死亡までのすべての戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取得する必要があります。これらの謄本類は、本籍地のある役所で申請取得しなければなりません。遠方の場合、郵送で取り寄せないといけないので、非常に面倒です。本籍地を何度も移している方や、結婚・離婚を繰り返している方などの場合、戸籍謄本類は非常に膨大な量になります。

また、出生から死亡まで、漏れなく連続して集めていく必要があるので、一般の方が対応すると、不足が生じることが多いです。

 

3.司法書士に依頼するメリット

司法書士に相続人調査をご依頼いただけましたら、専門家として、スピーディに確実に、戸籍調査を進めます。

また、調査が終わりましたら、わかりやすく図面にまとめた「法定相続情報一覧図」を作成します。これにより、相続関係を把握しやすくなりますし、不動産の相続登記、預貯金の払い戻し等に戸籍謄本類の提出を省略することができるので、非常に手続が楽になります。

ながはま合同法務事務所は、相続人調査を非常に得意としている司法書士事務所です。相続が開始したら、まずはお気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ