抵当権抹消登記をお考えの方へ

不動産を購入するときには、住宅ローンを組むことが非常に多いですが、住宅ローンを完済したときには「抵当権」を抹消しなければなりません。

そのためには、法務局へ「抵当権抹消登記」を申請する必要があります。

今回は、抵当権抹消登記について、登記の専門家である司法書士が解説します。

 

1.抵当権抹消登記とは

抵当権抹消登記とは、土地や建物などについている「抵当権」に関する登記を、法務局にて消去してもらう登記のことです。抵当権抹消登記をすると、土地や建物についている「抵当権」の表示の下に線が引かれて、抵当権のないさらの状態に戻ります。

住宅ローンを組んで不動産を購入すると、購入物件に抵当権が設定されます。これにより、返済を怠ると、債権者は抵当権を実行して、不動産を競売にかけて債権回収できる状態になるのです。

住宅ローンを完済すると、抵当権はその役目を終えて、消滅することになりますが、抵当権抹消登記をしないと登記簿上は抵当権がついたままです。

そして、不動産の売却等をするときには、そのままで事を進めることができません。

住宅ローンの完済時に、金融機関から抵当権抹消登記の必要書類が交付されますが、速やかに登記をしないと紛失の恐れもありますし、追加の書類が必要となる場合もあります。

住宅ローンを完済したときには、速やかに抵当権抹消登記をしましょう。

 

2.抵当権抹消登記の方法

抵当権抹消登記をするには、まずは金融機関から必要書類を受領しましょう。そして、法務局に以下の書類を持参して抹消登記を申請します。

  • 抵当権抹消登記申請書
  • 登録免許税
  • 登記原因証明情報 (弁済証書、解除証書等)
  • 登記識別情報または登記済証
  • 金融機関からの委任状

 

3.司法書士に依頼するメリット

抵当権抹消登記は自分で法務局に聞きながら進めることも可能ですが、一般の方が行う場合、スムーズに登記ができないので、事前予約のうえ3、4回程度、法務局に通わないといけないことなども多く、かなりの手間になります。

司法書士は、金融機関の窓口に出向いて必要書類を受領しますし、法務局への申請、完了書類の受領等全てを代行させていただくことができます。

ご依頼方法は、金融機関の窓口にて、ながはま合同法務事務所へ依頼したいとのお申出を頂くだけで結構です。

 

4.抵当権抹消登記の費用

抵当権抹消登記の費用は、物件1つについて登録免許税が1,000円必要です。敷地と建物の場合、合計2,000円となります。司法書士報酬は、金1万円程度です。

抵当権抹消登記は、自分ですると大変な手間になりますし、スムーズに進みません。専門の司法書士に依頼すると、依頼者の方は何もしなくても登記が完了するので、大きなメリットがあります。住宅ローンを完済されたら、お気軽にながはま合同法務事務所にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ