土地建物などの不動産の名義変更(相続登記) について

遺産相続が起こったとき、相続財産の中に土地や建物などの不動産が含まれていることが非常に多いです。

遺産の中に不動産があるときは、「名義変更」を早期に終えておくことが非常に大切です。

ただ、一般の方は、不動産登記をしたことがないと思いますので、どのようにしたら良いか戸惑ってしまわれることもあるでしょう。

以下では、土地建物などの不動産の名義変更(相続登記)について、相続手続きを得意とする司法書士が解説します。

 

1.不動産の名義変更とは

不動産の名義変更とは、不動産の所有者の名義を別の人に書き換える登記手続きです。

相続が起こったときにも、被相続人から相続人へと所有者が変更されるので、名義変更が必要です。相続による名義変更登記のことを、「相続登記」とも言います。

相続登記をするときには、基本的に法定相続人が遺産分割協議を行い、その結果、土地や建物を取得することになった相続人へと名義を書き換えます。

ただ、遺産分割協議をせずに、法定相続人全員の共有登記にすることも可能です。

また、遺言がある場合には、遺言によって遺贈を受けた人に所有名義を変更します。

 

2.不動産の名義変更の重要性

不動産を相続したときには、名義変更が非常に重要です。名義変更をしないと、不動産が被相続人の名義のままになってしまうからです。

相続登記を放置した場合、他の相続人の債権者から当該相続人の相続分につき差押えを受ける事態になってしまったり、他の相続人が無断で共有名義にしてしまう可能性もあります。また、重ねて相続が発生した場合、遠縁のご親族との遺産分割協議が必要となるため、合意ができない事態になってしまうなどの問題もあります。

登記に期限はありませんが、なるべく早めに相続登記を終えてしまうことが大切です。

 

3.不動産の名義変更の方法

不動産の名義変更をするときには、法務局に不動産登記の申請をしなければなりません。

自分で法務局に聞きながら進めることも可能ですが、一般の方が行う場合、スムーズに登記ができないので、事前予約のうえ4、5回程度、法務局に通わないといけないことなども多く、かなりの手間になります。

ながはま合同法務事務所にお任せいただけましたら、相続登記手続きをすべて代行しますので、相続人様は何もせずにお待ちいただくだけで、相続登記が完了します。是非ともお気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ