相続・遺言で大切な方に揉めて欲しくない方へ

相続が起こったとき、遺産分割協議に際して、相続人同士がもめてしまう場合があります。

遺言書を作っておいても、遺言書の有効性や遺留分が問題となり、やはりトラブルが発生してしまう可能性があります。

今回は、遺言や相続に関して大切なお子様や配偶者などのご親族にもめてほしくない方へベストな対処方法をご紹介します。

 

1.遺言書を作成するなら、公正証書を利用しましょう

親族同士の相続トラブルを避けるためには、遺言書を作成しておく方法が有効です。

遺言書を作成しておくと、誰が何を相続すべきかが明らかになるので、家族が遺産分割協議をする必要がなくなるからです。

ただし、自筆証書遺言の場合、遺言書が偽造であると主張されて、かえって揉めるもとになってしまうこともあります。

そこで、遺言書を作成するならば、公正証書遺言にしておくことをお勧めします。

公正証書遺言なら、公証人が作成するので無効になりにくいですし、相続開始後に、家族が「遺言書検索サービス」を使って調べることなども可能となるからです。

 

2.遺産分割協議をするなら、専門家に相談しましょう

遺言書が残されていなかった場合、相続人が集まって遺産分割協議をしなければなりません。このとき、相続人同士でもめてしまう場合があります。誰がどの遺産をどのようにして相続すべきか、家族間でも意見が合わないからです。

遺産分割協議でもめてしまったら、もともと仲の良かった親族でも、熾烈な骨肉の争いを繰り広げて、絶縁状態になってしまうこともあります。

遺産分割協議でトラブルを避けるためには、相続まわりの法律に詳しい専門家のサポートを受けることが役に立ちます。当初から、専門家の助言を受け、どのように分けるのが公平になるのか、相続人全員が共通認識を持っていたら、揉め事になるリスクが低くなるからです。

ながはま合同法務事務所では、遺言書作成や遺産分割協議の進め方について、積極的にアドバイスを行っております。大切なご家族の悲しい揉め事を防止するために、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ