3ヶ月(熟慮期間)を超えた相続放棄について

相続放棄には、3ヶ月の熟慮期間があります。

熟慮期間を過ぎると、基本的に相続放棄が認められません。

ただし、相続開始後3ヶ月を経過していても、相続放棄が認められる可能性はあります。

今回は、3ヶ月の熟慮期間を過ぎた場合の相続放棄について、遺産相続問題に詳しい司法書士が解説します。

 

1.相続放棄の熟慮期間とは

相続放棄の熟慮期間とは、法定相続人が、相続をするかどうか、態度を決定するための期間です。

法定相続人となっていても、必ず相続しないといけない、というわけではなく、相続するかしないかは、自由に意思決定することができます。

ただし、熟慮期間を過ぎると、自動的に「単純承認」が成立してしまい、相続放棄はできなくなってしまうのです。

そこで、相続人となったことを知ったなら、早めに家庭裁判所で「相続放棄の申述」をする必要があります。

 

2.3ヶ月を過ぎても相続放棄できるケース

熟慮期間は、「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」です。

基本的には、被相続人死亡の事実や、前順位者の相続放棄を知ってから3ヶ月以内に相続放棄する必要があります。

しかし、遺産がまったくないと信じており、そう信じてもやむを得ない事情がある場合には、例外的に、上記期間を経過しても、相続放棄することが認められます。

 

3.家庭裁判所で適切な手続きをすることが重要

それでは、相続開始(前順位者の相続放棄)を知ってから3ヶ月経過したときに相続放棄を認めてもらうためには、どのような方法をとれば良いのでしょうか?

この場合、通常のケース以上に、家庭裁判所からの照会内容に慎重に対応し、真にやむを得ない事情があったことを積極的に説明することが必要です。

相続人ご自身で対応されると「すでに熟慮期間が過ぎている」と判断されて、相続放棄が認められない可能性が高くなります。

このような困難な事例で相続放棄を成功させるには、専門の知識とノウハウを持っている司法書士が対応することが重要です。

ながはま合同法務事務所は、各種の遺産相続手続きに精通しています。相続放棄の期限が過ぎてお悩みの場合、お力になります。お早めの対応が重要ですので、まずはご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ