相続税を抑えたい方へ(相続税の節税)

将来の遺産相続を考えるとき、相続税の節税対策は必須となります。

特に近年、相続税の基礎控除が引き下げられて、多くの方に相続税が課税されるようになっているので、多くの家庭において、人事ではなくなっています。

以下では、相続税の節税方法について、解説いたします。

 

1.不動産を購入する

現金や預貯金がたくさんあるなら、不動産を購入することをお勧めします。

相続税評価を行うとき、現金や預貯金と不動産では、評価方法が異なるからです。

土地の場合には市場価格(現預金)の8割程度、建物の場合には市場価格(現預金)の7割程度にまで減額されます。

また、宅地の場合には、小規模宅地の特例により、さらに大きく相続税評価を下げることができます。

 

2.不動産を賃貸する

不動産を持っているだけではなく、賃貸するとさらに相続税を節税できます。

土地を賃貸すると、借地権割合の分相続税評価が下がりますし、建物を賃貸すると、借地権割合と借家権割合の分、相続税評価が下がるからです。

 

3.生前贈与を利用する

相続税の節税には、生前贈与が有効です。

贈与税には毎年110万円までの基礎控除があるので、これを上手に使って毎年少しずつ生前贈与を続けると、大きく節税することができます。

また、教育資金や結婚・子育て資金の贈与、親から子どもへの居住用不動産購入資金贈与、配偶者間の居住用不動産及びその購入資金の贈与などでも、贈与税の控除制度が認められているので、ケースによって、賢く利用しましょう。

 

4.生命保険を活用する

生命保険の死亡保険金には、法定相続人の数×500万円という大幅な相続税控除が認められているので、生命保険契約をしておくのも、相続税対策になります。

 

5.養子縁組をする

単純に法定相続人の数が増えると、その分相続税の基礎控除が上がります。そこで、孫などと養子縁組をして相続人の人数を増やすことでも相続税の節税が可能です。

相続税を節税するためには、司法書士だけではなく税理士によるサポートも受けることが望ましいです。ながはま合同法務事務所では、税理士などとも提携関係にありますので、ワンストップでスムーズな相続税の節税対策をご提案することが可能です。

ご関心がおありであれば、お気軽にながはま合同法務事務所までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ