相続人がいないときの流れ

人が死亡すると相続が開始しますが、天涯孤独な方などで、相続人がいないケースもあります。そのような場合、誰がどのようにして相続手続を進めていくのでしょうか?

以下では、相続人がいない場合の流れについて、相続問題に詳しい司法書士が解説します。

 

1.相続人がいない場合、財産は国庫に帰属する

相続が起こったときに相続人がいない場合、相続財産は誰のものとなるのでしょうか?

このような場合、相続財産は、最終的に国庫に帰属するとされています(民法951条)。

ただ、相続開始時に相続人がいないからといって、当然にすべてが国のものになるわけではありません。

「相続財産管理人」という人により、相続財産調査と相続人調査、債権者や特別縁故者への支払いが行われた後、残余財産があったときに初めて国庫に帰属することになります。

以下では、相続財産管理人の選任とその後の手続きの流れを確認しましょう。

 

2.相続財産管理人の選任と手続きの流れ

相続財産管理人を選任するには、利害関係人や検察官が家庭裁判所に申立をする必要があります。

相続財産管理人が選任されたら、相続財産管理人選任の公告が行われて、世間にそのことを周知します。この公告は、相続人を探すことも目的としています。

2ヶ月が経過しても相続人が現れない場合には、相続債権者と受遺者に対し、申出をするように公告します。そして、受遺者や債権者に支払をします。

さらに、家庭裁判所が相続財産管理人や検察官の請求を受けて、相続人捜索の公告を行います。定められた期間内に相続人が現れなければ、相続人の不存在が確定します。

相続人の不存在が確定したら、被相続人と特別な関係にあった「特別縁故者」が財産分与の申立をすることができます。

そして、家庭裁判所は分与を認めるかどうか、判断し、認められる場合には、特別縁故者への財産分与が行われます。

これらの手続きがすべて終了した後、なおあまりがあったら相続財産管理人によって、残余財産が国庫に引き継がれます。

相続財産管理人が「管理終了報告書」という書類を家庭裁判所に提出すると、すべての手続きが終了します。

相続が起こったときに、相続人不存在で対応方法がわからない場合には、遺産相続業務を得意としているながはま合同法務事務所まで、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ