相続の種類と特徴

遺産相続をするときには、「単純承認」「相続放棄」「限定承認」の3種類の中から、態度を決める必要があります。何もしない場合には、自動的に単純承認となってしまうので、注意が必要です。

以下では、相続の種類とそれぞれの特徴について、遺産相続に詳しい司法書士が解説します。

 

1.単純承認とは

「単純承認」とは、相続に条件を付けず、一切の遺産を相続することです。

単純承認をすると、法定相続分に応じてプラスの資産もマイナスの負債も相続することとなります。特に何の意思表示をしなくても、熟慮期間の3ヶ月が経過したら自動的に単純承認が成立しますし、熟慮期間内であっても、遺産分割協議をしたり、遺産の処分や名義変更をしたりすると、やはり単純承認となります。

単純承認の場合は、他の単純承認した相続人と遺産分割協議をして、遺産の具体的な相続方法を決定していきます。

 

2.相続放棄とは

「相続放棄」とは、一切の遺産を相続をしないことです。

相続放棄をすると、プラスの資産もマイナスの負債も一切相続しません。そこで、資産よりも負債の額が明らかに大きくなっているときには有効な対処方法となります。

相続放棄は、他の相続人の動向にかかわらず、1人でもすることができますが、「自己のために相続があったことを知ってから3ヶ月」の熟慮期間内に家庭裁判所で「相続放棄の申述」をしなければなりません。

相続財産の中に借金があるなら、早めに相続放棄を検討すべきでしょう。

 

3.限定承認とは

「限定承認」とは、遺産の中から債権者や受遺者に対する必要な支払いをして、あまりがある場合に遺産を相続する方法です。資産よりも負債が超過する場合には、相続は起こりません。限定承認をすると、借金を相続することを避けられます。

相続したときに、プラスの資産かマイナスの負債か、どちらが多いかわからない場合には、限定承認が有効な対処方法となります。

ただし、限定承認も相続放棄と同様、「熟慮期間」内に、家庭裁判所で「限定承認の申述」をしなければなりません。

また、限定承認をするときには、相続人が全員一緒に手続きをしなければなりませんから、相続人のうち、1人でも単純承認すると、限定承認はできなくなってしまいます。

以上のように、相続をするときには、上記の3種類から適切な対応方法を選ぶ必要があります。悩まれたときには、ながはま合同法務事務所が親身に対応いたしますので、是非ともお気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ