相続放棄について

遺産相続をするとき、相続財産の中に借金などの負債が含まれていることがあります。その場合、単純承認をして普通に相続をすると、負債まで相続しなければなりません。被相続人が多額の借金をしていたり、連帯保証人になっている場合は、相続人が代わりに返済しないといけないので、大変な不利益があります。

以下では、相続人が相続放棄によって相続を免れる方法を解説します。

 

1.相続放棄とは

相続放棄とは、法定相続人となっている人が、一切の遺産を相続しないことです。

法定相続人は、法定相続分に応じて、資産や負債を相続することが基本です。ただ、被相続人が多額の借金をしている場合には、借金を相続したくないことが多いでしょう。

そのようなとき、相続放棄を検討しましょう。

相続放棄をすると、はじめから相続人ではなかったことになるので、借金を相続しなくて済みますし、代襲相続も起こらないので、相続人の子どもに借金を相続させることもありません。

 

2.相続放棄の注意点

相続放棄をすると、借金を相続しなくても済みますが、同時にプラスの資産も相続できなくなることに注意が必要です。

相続財産の中に借金だけではなく不動産や預貯金などの資産もあるときには、相続放棄すべきかどうか、慎重に検討すべきです。借金額よりも資産の評価額が大きいなら、相続放棄するより単純承認した方が得になることもあるためです。

 

3.相続放棄の方法

相続放棄をするためには、家庭裁判所で「相続放棄の申述」という手続きをしなければなりません。

相続放棄の申述をするときには、以下の書類を揃えて家庭裁判所に提出します。

  • 相続放棄申述書
  • 被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本
  • 被相続人の住民票除票または戸籍の附票
  • 申述人の戸籍謄本

ケースによって、他にも必要な書類があります。

また、800円分の収入印紙と数百円分の郵便切手が必要です。

相続放棄は期限内にしておかないと、相続人が債権者から借金支払いの督促をされて裁判をされたり、相続人自身の財産を差し押さえられたりするおそれがあります。そうなると、相続人が自己破産せざるを得ない状況に追い込まれることも考えられます。

そのようなことのないよう、早めに相続放棄を検討しましょう。お困りの場合には、ながはま合同法務事務所がお力になりますので、お気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ