預貯金・証券の手続きの流れ

遺産相続をするときには、相続財産の中に預貯金や株式などの証券が含まれていることが非常に多いです。その場合、預貯金の解約払い戻しや株式の名義変更などの相続手続きを進めていかなければなりません。

以下では、預貯金や証券の相続手続きの流れや進め方について、遺産相続に精通している司法書士がわかりやすく解説します。

 

1.まずは、遺産分割協議を行う

預貯金や株式などの相続手続を進めるとき、まずは遺産分割協議をする必要があります。

遺産分割協議が整ったときに作成する「遺産分割協議書」が、預貯金払い戻しや株式の名義変更手続の重要書類となるからです。金融機関によっては、相続人全員の実印が押印された相続預金払戻請求書にて、代表相続人による払戻しに応じていますが、預貯金の分配を安全確実に実現するには、やはり遺産分割協議書を作成するのが望ましいでしょう。

ただし、遺言書がある場合には、遺産分割協議なしで相続手続きをすることができます。

 

2.預貯金の場合

預貯金の相続手続きをするときには、以下の書類が必要です。

  • 預貯金の払戻請求書または名義書換依頼書
  • 遺産分割協議書
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
    (戸籍謄本類に代えて「法定相続情報一覧図」でもOKです。)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 被相続人名義の預金通帳やキャッシュカード
  • 預貯金を相続する人の身分証明書

具体的な必要書類は、金融機関によって異なることもあるので、詳細は各金融機関に確認しましょう。
指示された通りの必要書類を揃えて銀行に行くと、解約払い戻しや名義変更などの手続きができます。

 

3.株式・証券の場合

株式や証券の場合、上場株式か非上場株式かで、手続きが異なります。

 

3-1.上場株式の場合

上場株式の場合には、以下のような書類を揃えて、証券会社に連絡をしましょう。

  • 株式名義書換請求書
  • 遺産分割協議書
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本
    (戸籍謄本類に代えて、「法定相続情報一覧図」でもOKです。)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書
  • 株式を相続する人の身分証明書

証券会社によって扱いが異なることもあるので、事前に確認しましょう。

 

3-2.非上場株式の場合

非上場株式の場合には、対象の会社に対し、直接名義書換の申請をします。

必要な書類は上場株式と同様ですが、会社によっても異なるので、問合せをしましょう。

 

4.預貯金、株式の名義変更は、ながはま合同法務事務所にお任せ下さい

預貯金や株式などの名義書換をするとき、必要な書類が多く、金融機関との郵送のやりとり等も必要となるため、大変なお手間となります。特に、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本類をすべて集めるのは、一般の方には大変な負担となりますし、膨大な手間と時間がかかってしまいます。

ながはま合同法務事務所へお任せいただきましたら、スピーディに確実に名義変更や払い戻しができるので、大変大きなメリットがあります。

ながはま合同法務事務所では、各種の相続手続きを非常に得意としておりますので、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ