すぐに預金口座の凍結を解除したいとき

死亡すると、その人の名義の銀行預金口座は凍結されてしまいます。

葬儀費用や相続税の納税などのため、すぐに口座凍結を解除したいこともありますが、そのとき、どのような手段をとれば良いのでしょうか?

今回は、すぐにでも預金口座の凍結を解除するための方法について、遺産相続手続きに詳しい司法書士が解説します。

 

1.遺言書、遺産分割協議書がある場合

銀行預金口座の凍結を解除するパターンは、主に2つあります。

1つは、遺言書がある場合です。家庭裁判所における検認を終えた有効な遺言書があれば、それを金融機関に持参すると、受遺者や指定された相続人がその預貯金を受けとることができます。

もう1つは、遺産分割を終えて遺産分割協議書がある場合です。この場合には、預貯金を受けとることになった相続人が、遺産分割協議書を銀行に持参して手続きをすれば、凍結を解除して預貯金を受けとることが可能です。

 

2.遺産分割未了の場合

それでは、遺言書もなく、遺産分割協議も未了のケースでは、どのようにしたらよいのでしょうか?

この場合、基本的には凍結を解除することができません。金融機関によっては、相続人全員の実印が押印された相続預金払戻請求書にて、代表相続人による払戻しに応じていますが、預貯金の分配を安全確実に実現するには、やはり遺産分割協議書を作成するのが望ましいでしょう。

 

3.早急に遺産分割協議を進めましょう

遺産分割協議書は、預貯金払い戻し以外の手続きにも必要となります。

たとえば、不動産の名義変更や株式の名義変更など、各種の手続きの際に提示を求められます。

遺産分割が終わらないと、こうした相続財産がすべて宙に浮いた状態となってしまうのです。

遺産分割協議の進め方がわからない場合やスムーズに進められない場合、ながはま合同法務事務所がお力になります。お困りの場合には、是非とも一度、ご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ