相続分は譲渡可能?

法定相続人となっており、相続権が認められる場合であっても、その相続分を「譲渡」することができます。相続分を全部譲渡すると、その人は相続人ではなくなるので、遺産分割協議に参加する必要がなくなります。

以下では、相続分の譲渡について、相続問題に詳しい司法書士が解説します。

 

1.相続分の譲渡とは

相続分の譲渡とは、法定相続人が、自分の相続分を他の人に譲る手続きです。

譲渡の相手方は、他の共同相続人でもかまいませんし、全くの第三者でもかまいません。

また、必ずしも全部の相続分を譲渡する必要はなく、一部の譲渡も可能と考えられています。譲渡の条件は、有償としても良いですし無償で贈与することも可能です。

相続分を譲渡すると、譲渡した人は、その分の相続権を失います。ただし、相続分を全部譲渡したとしても、譲渡人に「相続人」としての地位は残るので、債務の相続を免れることはできません。

相続分の譲渡を受けた人は、譲渡を受けた分の遺産相続権を取得することができます。

他の共同相続人が譲渡を受けたときには、譲受人の相続分が増えることになります。

相続分の譲渡をするときには、「相続分譲渡証書」という契約書を作成します。ここに、譲渡の条件や譲渡する相続分の割合などを記入しておくことで、将来にわたって相続分の譲渡を明らかにすることができます。

 

2.相続分が譲渡されたときの取り戻しとは

共同相続人以外の第三者に相続分が譲渡されると、親族でもない人が遺産分割協議に参加して遺産を相続することになるので、他の共同相続人にとっては非常に迷惑です。

そこでこの場合、他の共同相続人には「相続分の取戻権」が認められています。相続分の取戻権とは、他の共同相続人が、相続分の譲受人に対し、相当の対価を払って相続分を取り戻すことができる権利です。相続分の取戻権が行使されると、相続分の譲受人は相続権を失い、共同相続人のもとに、譲渡された相続分が移ります。これにより、まったくの第三者が遺産分割協議に参加する、という事態を避けることが可能となります。

ただ、相続分の取戻権の行使は、譲渡が行われてから1カ月以内にする必要があります。

相続分の譲渡や取り戻しをされたいときには、ながはま合同法務事務所の司法書士がご相談に応じます。無料相談も承りますので、お気軽にご利用ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせ